降りてゆく生き方 サイトマップ お問合せ
ダウンロード メルマガ

HOMEコンセプト映画情報上映情報サポーター活動報告WEBマガジンギャラリーあおぞらSNS最新ニュース
映画「降りてゆく生き方」:奇跡のオーディション特集 上映スケジュール
奇跡のオーディション特集

映画がきっかけで、「まちが元気になった、ひとが笑顔になった」。

武田鉄矢主演映画「降りてゆく生き方」に出演して頂く為に、新潟県全域(新潟市/十日町/村上市/長岡/柏崎/湯沢/上越/佐渡)で多くの方々のご協力、ご支援を頂きながら、前代未聞の一般参加型のオーディションを、関係者だけでなくむしろ開催会場の近隣の方々(地元の方々)とボランティアスタッフ主導によって実施いたしました。恐らく日本映画史上初の試みとなる、作られたオーディションではなく、まちとひとがそれぞれの想いを込めて、みんなで創った「奇跡のオーディション」です。


制限ナシのオーディション

参加条件は、年令、性別、国籍、地域など、一切の制限行いませんでした。その結果、生後八ヶ月の子供から最高齢92才まで、世代や地域をこえて多くの方々にご参加頂きました。中には、体の不自由な方、心に病を持つ方、ひきこもりがちの若者からニートの方まで、実際にオーディションを受けて頂いた方は、7会場で総合計受験者「1,731名」となりました。

オーディション審査員は、監督、カメラマン、プロデューサー、映画スタッフ、時には俳優の方にもご参加頂き、加えて、各地域より行政/各種団体/企業/教育関係者まで幅広い分野の方々を特別審査員として参加して頂きました。



参加者の想いを全て受け止める前代未聞のオーディション

映画「降りてゆく生き方」でも描かれている通り、この企画は、「勝ち組」や「弱者切り捨て」という過去の概念から脱却すべく、全ての存在意義や自発的な生き方を最も大切に実施されました。それには、書類選考などでは全てを知る事も理解する事も不可能と判断し、審査員は例え大人数でも、どれだけ時間がかかっても、応募者全員と直接対面する前代未聞の方法を、全会場で実施しました。




参加者全員が「主人公」


それぞれの持ち時間の中で語られた、自己アピールや会話から、数々のドラマが生まれました。小さな子供から経験豊富な大人まで、ひとりから家族、仲間などでの参加は、時には審査会場が笑い声でわき上がり、時には涙する感動的なドラマが数多く生まれました。そして、オーディションを支えて頂いた方々による語りきれないほどの数々のドラマも誕生しました。それは、新しい出逢いやひとのつながりを広めていきました。

映画「降りてゆく生き方」にご参加、ご協力して頂いた全ての方々が、まさに「主人公」そのものでした。そんな多くの伝説と感動と笑顔を生み出した、ほんのわずかな「一部の記録」をご紹介いたします。

新潟編 十日町編 村上編 湯沢編 長岡・柏崎編 上越編 佐渡編

オーディションの流れ Special Thanks オーディションHOME


オーディション特集-メニュー

新潟編

十日町編

村上編

湯沢編

長岡・柏崎編

上越編

佐渡編


ちょっといい話 / 新潟日報掲載記事より



フォトギャラリー

オーディションの流れ

スペシャルサンクス
  全会場フォトギャラリー



ホーム 映画情報オーディション特集
最新ニュース 上映スケジュール コンセプト 映画情報 サポーター 活動報告 WEBマガジン ギャラリー ダウンロード お問合せ サイトマップ

プライバシーポリシー 利用規約 特定商取引に関する法律に基づく表示  Copyright © 降りてゆく生き方 All Rights Reserved.